生産性向上のために

生産性を上げる必要性

昨今、メディアにも取り上げられることが多い「生産性を上げる」「生産性の向上」といった
テーマですが、そもそも生産性とはどういったものなのでしょうか?
生産性とは「労働者1人当たり、あるいは労働1時間当たりでどれだけ成果を生み出したかを示すもの」と言われています。
(※公益社団法人日本生産性本部様 出典)

簡単に表現すると「生産性」とは、一人あたりの
成果(売上、利益、コスト減)と言えますが、
今後、日本人の人口は減少していき、働き手が
どんどん減っていくため、「生産性を上げる」、「生産性を向上」に向けた企業の取り組みは
今後、さらに必要になってくるのです。

・2025年問題:団塊の世代が75歳以上(後期高齢者)に。人口の3割が65歳以上になる。
・2050年問題:人口の約4割が65歳以上になる。
・2060年問題:働き手となる15歳〜65歳(生産年齢人口)は、人口の約半分まで減少。

今は順調な会社でも

働き手が減ってしまうことで、

一人ひとりの業務量が多くなり、残業が増え、、、休みが減り、、、

そこから採用し始めてもなかなか採用に繋がらなかったり、
体制を整えないと採用してもすぐに辞めてしまったり、

負のスパイラルを繰り返してしまう。
そんな状況になりかねないのです。

負のスパイラルに陥らないためにも、
今から「生産性向上」に向けた取り組みに目を向けてはいかがでしょうか?

お気軽にお問い合わせください。080-3590-2612受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ